ホーム>POOL DUCKブログ>スタッフブログ>斎藤 龍

斎藤 龍

今週の英会話 [大田区 蒲田 川崎 学習塾 POOLDUCK]

こんにちは。穴守稲荷校、大森東校、川崎大師校の斎藤です。

 

私は小学生の英語授業では最初によくHow are you?/How’s it going? と問いかけるのですが

ほとんどの生徒がI’m fine.と返答してきます。中にはI’m fine, thank you. And you? と返答してきます。

きっと学校で習っているのでしょうか?みんな同じ返答をしてきます。面白いです。

“fine”には「すごく元気!」という意味合いはありません。

(大半の生徒は元気にI’m fine.と答えてくれますが…。)

元気と伝えたいなら”I’m fine.”ではなく”I’m great.”や”I’m good.”を使いましょう。

また“fine”には違う意味もあるのでいくつか使える場面を紹介します。

 

相手を安心させたいとき

自分が転んでしまったときに相手に

Are you all right? “ (大丈夫?平気ですか?)”

と尋ねられた時に

I’m fine. “(大丈夫です/平気です) と使います。

 

許可するとき

例えば相手に

Can I wear your favorite shirt to hiking?

(ハイキングにあなたのお気に入りのシャツを着てもいい?)

と聞かれて

That’s fine. “ (あ…別にいいよ)と使うことができます。

あまり乗り気じゃない許可ですね。

 

断るとき

例えば

Would you like to have some tea?”(お茶いかがですか?)

と聞かれて、断るときに

I’m fine.” (結構です) と使えます。

ちなみに断るときは”I’m fine. Thank you. “ (結構です。ありがとう)と使いましょう。

感謝を忘れずに!

 

諦めるとき

例えば相手に「〇〇したらよくなるよ」とアドバイスしたのに相手が全く聞き耳を持たないときに

Fine, do whatever you want.”(もういいよ、好きなようにしなさい)と使えます。

 

皆さんが普段使っているフレーズも場面が違えば意味が違うものがたくさんあります。

いろいろと調べてみるのも楽しいと思います!少しでも気になったら調べてみてください!

 

県立入試対策ポイント~英語編~【大田区 川崎市 塾 プールダック】

こんにちは。

POOLDUCK川崎大師校、穴守稲荷校、大森東校の斎藤です。

 

本日は神奈川県立入試の英語についてお話させていただきます。

また、今回は皆さんが解くのに苦戦しているであろう読解についてお話いたします!

 

 

まず、英語のポイントとして、「長文や短文は訳している暇などない!」という事です。

神奈川県の英語の入試問題は

問6、8が長文問題

問7が短文問題となっています。

これらの問題を正確にかつ速く読まなければ時間が足りません

 

しかし、長文問題も短文問題も複雑な話は一切していないのがこの英語テストの特徴でもあります。

シンプルな文を素早く読み、正確に理解する力が求められているので英語が苦手な人もあきらめることはありません。

また英語のテストで英語を素早く読むという力は身に着けるに越したことはありません。

そこで、どのような練習を積めば素早く読めるようになるのか練習方法を少しお教えします。

 

①英語の順番で英語を理解すること。

 

英語の長文を見ると綺麗な訳にしたくなりますよね?わかります。私もそうでしたから…。

しかし、制限時間があるテストで綺麗な日本語に訳している時間はないです。(綺麗な訳にする意味もないですしね。)

英語で書かれているのだから英語の順番で理解しましょう。

 

練習方法はとても簡単です。普段から英語の文を音読して英語の語順に慣れましょう!

それだけ?って思いますよね。

考えてみてください。みなさん今は国語の文を読むのは簡単にできますよね?

それって小さい時からできていましたか?小学生の頃国語の文の音読練習をしていませんでしたか?

小学校低学年のときは日本語の文をスラスラと読める力を得るために音読の練習をしていたはずです。

それって英語も同じではないですか?

日本語ですら音読の練習をすることで力を得ていたわけです。

英語も同じです。普段から音読をすれば読めるようになります。

1つ注意点ですが難しい文でいきなり練習する必要はないですからね?

私はこの練習を初めてやった時は小学生レベルの絵本でやっていました。

慣れるまでやりましょう。

 

②単語はスラスラでるまで

今年の入試は3年で学んだ英単語は出たとしてもすべて注釈※がつくそうです。

でも注釈って文の最後に大体ありますよね?本番でページをペラペラしている暇ありますかね?ないですよね。

単語はスラスラ出るまで練習を繰り返しましょう。

単語は単語帳を使って練習してもいいですし、アプリを使用して練習でもいいと思います。

 

ただ変な単語の覚え方はやめましょうね。(baseball→ばせばじゅういち)ではないですから…。

変な覚え方をしていると単語をかけるかもしれませんがリスニングは聞き取れないですからね。

リスニングは基本発音できない単語は聞き取れませんからね…。

 

最後に…

英語は言語ですので声に出さなければ覚えません。

毎日短時間でいいので英語と触れ合ってください。

 

読解の練習をするのであれば教材はなんでもいいと思います。

自分が続けられる量を少しずつでいいので持続してください。

 

 

今回は県立入試~英語編~という事で主に読解問題についてお話させていただきました。

英語を読む速さというのは残念ながらすぐには身に付きません。

日々の勉強で力をつけてください。

また不安な事や、勉強方法などで行き詰まったらどんどん先生方に相談しましょう!

 

 

大田区、川崎市の学習塾POOLDUCK(プールダック)

 

 

中3生たちの挑戦! @川崎大師校 【大田区 川崎市 塾 個別 プールダック】

私が受け持っている川崎大師校中3受験生たちと
お盆休み中に挑戦するある計画をしました。

《 1日12時間自宅学習計画 》

聞いてみると1日の半分、12時間勉強する事は今まで1度もない
というので、みんなで挑戦してみようと話したのがきっかけです。

お分かりの通り12時間勉強することは、そんな容易いことではありません。
みんな最初は出来るかなと不安な声を出していましたが、
各々でルールに沿って1日スケジュール表を計画していくうちに、
やれる気持ちへと変化が見られました。

《5つの ルール 》

⑴国数理社英をやること
⑵5科の時間配分を決めること
⑶各教科の内容を明確化し実施すること
⑷必ず12時間達成すること
⑸就寝するまでに時間延長OK

受験とは、自分自身の挑戦でもあります。
合否も大事ですが、様々な努力の経験こそが1番大事だと
私は生徒達へ伝えています。

この12時間挑戦は、生半可な気持ちで試みたら絶対に達成は出来ません。
自分自身としっかり向き合い、
必ず達成するという強い気持ちを持ち続ける事が出来たら、
1人だけの歓喜の瞬間を得られるでしょう。

自分自身に約束し、それを守る大切さ。
これこそが、
自分を裏切らない自分をつくる勉強、
それが自信というものになる。

お盆休み後に、彼らの顔をみるのが楽しみです。

初めましての挨拶と自己紹介 【大田区・蒲田・川崎の学習塾 プールダック】

はじめまして、POOLDUCK新入社員の斎藤 龍(さいとう りゅう)と申します。

 

 

4月から社員としてPOOLDUCKで働かせて頂いております。

今回初めての投稿ということで簡単ではありますが自己紹介をさせていただきます。

 

名前:斎藤 龍(さいとう りゅう)

   母は子供に“龍”という名を絶対につけたかったそうで、

   女の子だとしてもこの名前だったそうです...。

出身:東京都

   初めて会う生徒によく言われるのが「先生ってハーフ(東南アジア系)?」なのですが

   残念ながら南の血は入っておりません。むしろ東北の血が少し入っています。

大学の専攻:英語教育学

趣味:サッカー・野球観戦、漫画を読むこと

担当校舎:川崎大師校、大森東校、穴守稲荷校

 

私は高校に入るまで“英語”という教科が大嫌いでしたし、最も苦手な教科でした。

今年度から小学校での外国語活動(英語)が教科になります。あたり前な話ではありますが

外国語は日本語とは全く違う構造や発音を持っています。生徒は小学生の時点で普段とは違う“未知”なものに触れることになります。

中には不安になる生徒もいらっしゃいます。

その不安を、“元”不安を抱えていた私が取り除ければと思います。

 

簡単な自己紹介となりましたが、

今後ともよろしくお願いいたします!

 

(大田区・蒲田・川崎の学習塾POOLDUCK プールダック)

 

ページ上部へ