ホーム>POOL DUCKブログ>山下塾>山下の考え vol.1
山下塾

山下の考え vol.1

今日は「子どもの育て方」について私の考えをお話します。

子どもは、例えると植物である。
植物は、適度な水・空気・肥料・日光が必要とする生き物である。
何故、植物なのか?
植物は、自ら声を出すことはできません。
声を出せなければ、私たちがいつも気遣いをしていなければ枯れてしまう。
子どもたちは、そういう心遣いが必要だと思うのです。
また、適度さも必要で、1つだけしかない状態や1つが強すぎても上手く育たない。だから
過剰な愛情は子どもを甘やかす傾向や悪いプレッシャーを与える原因にもなる。
この適度さが子どもとの距離感に一番合うのである。
最後に、水・空気・肥料・日光は、両親・友達・先生・監督・兄弟・祖父母・地域の人達などを意味する。こういった沢山の人たちから愛情を与えることで子どもは大きく成長していくのだと考えています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.poolduck.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/869

コメントする

ページ上部へ