ホーム>POOL DUCKブログ>山下塾>山下学 vol.366 子育てはチームで
山下塾

山下学 vol.366 子育てはチームで

私が考える子育ては、親がリーダーシップをとって我が子を中心に
親以外の大人が子育てを参加するチームを作る。

今の時代、多くの親が共働きをして我が子と多くの時間を取ることは
非常に難しい。またゲームは携帯式でスマホも低年齢化が目立つ中、
遊び時間や学習時間、犯罪からなど我が子をセコムする。
時代にあった子育て環境を作ることが大事であると考える。

例えば、私は両親が60代後半で団塊世代、第2次べビーブーム時代に生まれた。
当然、ゲームは小学生でやっとファミコンが家庭で普及し始め、
携帯もない、スマホもない、そもそも携帯が本格的普及したのが20歳と
大人になってからだ。全く今の時代とは当てはまらない。
要するに、時代遅れで子供達にとって昔の話をしてもどうにもならないのだ。

私たちプールダックは勉強を教える事だけが教育ではなく、
時間を教育するのである。
今の子どもたちは英才教育でほとんどが習い事をしている。
遊びたいの遊ぶ時間が少ないのだ。
だからこそ遊ぶ時間を作るには、時間を自分でコントロールできる人に
なることとても大切な教育であると思うのです。

親が我が子と話し合い、道筋を考え、ルールをつくる。
それを協力してくれる大人たちを見つける。
大人たちは我が子を応援し、犯罪などから守ることができる。

子供たちも大きくの愛情を受けて育つことは心を豊かにすることになる。

プールダックは塾以外の日でも通塾はできる環境にあるので、
遊ぶ時間や習い事以外時間をセコムすることができるので
是非利用して欲しいです。
親が家で見れていない時間をちゃんとやっているかは、
他の大人たちが応援して見てあげることで子育てがしやすくなることでしょう。

私たちがチームとなります。

ページ上部へ